台東区上野御徒町にあるエリアクチコミNO.1の整体。肩こり、腰痛、慢性疲労、顎関節症、産後ケア、外反母趾等でお悩みの方はご相談下さい。

生体磁気カイロプラクティック

〒110-0005 東京都台東区上野3-22-3 ジイドビル202

営業時間平日・土曜 9:00~19:00
(日祝 休業)

tel:03-5812-1444
tel:03-5812-1444
JR御徒町南口3分  銀座線上野広小路A2出口3分 医師もお勧めの整体院 日本で唯一の磁気療法

足病学に基づく足底板療法・スポーツケア専門コース

足病学とは?

アメリカやオーストラリアなどを始め、日本に比べ、世界的に足の専門学問は進んでいます。
例えば、日本では、外反母趾による足の痛みがあれば、整形外科に行くと思いますが、欧米では、整形外科医とは別に、ポダイアトリストと呼ばれる足専門のドクターが活躍しているのです。

スポーツポダイアトリーとは?

その専門的な学問で、中核になるものにスポーツポダイアトリーがあります。チームスポーツでは、選手たちのケアとして、スポーツトレーナーだけでなく、足の専門家がついているのです。

足の微妙なアライメントの崩れ(骨格の不正配列)は、スポーツのパフォーマンスに影響を与えると言われています。日本にはまだ、足病学はありませんが、足のケアはその効果からも世界基準になるべきであると思います。

機能的足底板の制作手順

機能的足底板の制作手順1

【1】受付・問診

お電話にてご予約後、専用の調査表にて現在のお体の状態、足部の問題、スポーツ、習慣等、必要となる事項を問診していきます。


機能的足底板の制作手順2

【2】歩行分析・メジャーメント

関節可動域、筋肉の状態等、下肢バイオメカニクス検査、左右最大114項目行ないます。その結果を元に撮影した歩行の状態を専用のソフトに取り入れ、足病学に基づく解析を行ないます。
※現在は視診による検査を行っています。当院で行っている検査は下記の通りです。


機能的足底板の制作手順3

【3】上の歩行分析・メジャーメントで問題のあった場合

足底板を使用することで、神経ー筋のバランスがよくなり、運動能力も向上していきます。しかし、長年歪んだ足のまま、運動し続けてきた結果として、筋肉の奥には身体を引っ張る硬い筋膜の固まりがあります。この深部の歪みを正すことが、トップアスリートにとって機能している大事な身体になります。
パワーマグネットを使ったスポーツ整体をお薦めいたします。


機能的足底板の制作手順4

【4】キャスティング

石膏にて型を取ります。
その人にしかないニュートラルポジションを取るので、正確な技術が要求されます。
足底板を作る目的や、足のタイプによって、キャスティングの方法も変わってきます。


機能的足底板の制作手順5

【5】米国ラボへ

到着まで一ヵ月。
足病医や評価技能認定者らによって、評価・再分析されます。
その後、約30工程を経て、足底板が完成します。


機能的足底板の制作手順6

【6】フィッティング

足底板がしっかりと靴にフィットしているかどうか、またしっかりと足底板の機能が発揮できる靴かどうか、何足か靴をお持ちいただきチェックしていきます。

※スーパーフィート社カスタム作成の場合は、【1】の後、約30分でお渡し出来ます。


機能的足底板

このようにして、足底板は出来上がります。

機能的足底板の種類

足底板は同じタイプの靴であれば取り外して入れ替えることが出来ますので、何足もの靴にも一つの足底板で経済的に使用できます。

当院で扱うのは以下のものがあります。
※値段について詳しくはお問い合わせ下さい。

ノースウエスト・ポディアトリック・ラボラトリー社

ノースウエスト・ポディアトリック・ラボラトリー社

現代の最先端のファイバーグラスやグラファイトなどの複合材を使用。その独特な加工技術により、最も軽量、最も薄い、最も耐久性がある、三拍子そろった世界最高水準の足底板です。その製作過程にもこだわりがあり、35名以上の熟練技術士の手作業と、さらに30箇所以上にわたる徹底した品質管理のチェックを受け、完成されます。多様なオプションにより、どんな足にも対応でき、また、スポーツなどの3次元の動きにもしっかりと対応できます。(納期1ヶ月以内)


ランガー社

ランガー社

米国の足病専門医をはじめとするドクターが創設した企業です。その製品ひとつひとつに担当専門医や担当技術者がつき、品質管理のためのチェックを行います。現在世界26カ国で、一般の方ををはじめ、オリンピック選手、プロスポーツ選手にも使われている信頼と実績の製品です。(納期は約2ヶ月かかります)


検査でチェックする主な筋肉

当院で行っているバイオメカニクス検査は下記の通りです。
お客様のお身体の状態によって検査内容が異なる場合がございます。

Open Kenetic Chain : Supine

  • ①股関節

    (a)屈曲位 内旋45° (b)屈曲位 外旋45° (c)伸展位 内旋45° (d)伸展位 外旋45°

  • ②踝捻角
  • ③横足根骨関節

    (a)斜軸 (b)縦軸

  • ④第1列

    (a)柔軟性 (b)ポジション (c)セグメント

  • ⑤第1中足趾節

    (a)背屈 (b)柔軟性 (c)長さ

  • ⑥脚長

    (a)股関節屈曲位 (b)股関節伸展位 (c)膝関節屈曲位

    • Open Kenetic Chain : Prone

      • ①足関節背屈

        (a)膝屈曲位 (b)膝伸展位

      • ②距骨下関節

        (a)内反角 (b)外反角 (c)合計可動域 (d)Subtalar Neutral (e)Quality

      • ③前足部
      • ④アーチ高
      • ⑤可動全般
      • ⑥つま先
        • Closed Kenetic : Static & Kenetic Stance

          • ①前額面脛骨内反角
          • ②RCSP
          • ③NCSP
          • ④FHL

            (a)立位 (b)踵骨

          • ⑤膝状態

            (a)前額面 (b)矢状面

          • ⑥踝高さ
          • ⑦アーチ高
          • ⑧Angle of Gait
          • ⑨Base of Gait
          • ⑩靴踵部摩擦状況
            • 筋力検査と柔軟性

              • 仰臥位

                大腰筋・腸骨筋・大腿筋膜張筋・内転筋(長短)・中殿筋・小殿筋・大腿直筋・外側広筋・内側広筋・中間広筋・縫工筋・薄筋・前脛骨筋・後脛骨筋・長短腓骨筋・第三腓骨筋・長拇趾屈筋・短拇趾屈筋・長拇趾伸筋

              • 腹臥位

                梨状筋・大殿筋・膝窩筋・大腿二頭筋・半腱半膜様筋・腓腹筋・ヒラメ筋

スポーツ整体

ポダイアトリー(欧米足病学)を取り入れた、全身を細かく検査できる日本でも数少ない整体院です。

日本には、まだ、足病学の考え方を取り入れた施術院は少なく、足元から全身を診ることで、様々な身体の不調の原因が見えてくるのです。

パワーマグネットをつかったスポーツ整体

ストレッチでは取りきれない、筋膜の癒着を改善し、痛み違和感を取り除き、パフォーマンスを上げるサポートをいたします。

パワーマグネット療法により、関節可動域の改善と筋膜の癒着の改善、筋肉の出力と筋肉の反射スピードをあげ、競技成績を上げることを目的とします。

こんな方におすすめ!

対応できるお身体の状態

スポーツ時におこる上記の状態

対応症例(気になる症例をクリックすると、各症状別ページをご覧いただけます。)


筋肉の奥まで働きかけ、すばやく筋肉疲労を取り除きます

トップアスリートになると、微妙な筋肉の独立した動きを意識できているほど、パフォーマンスは高いようです。

膝関節を安定させながら、下腿の筋肉の間にパワーマグネットをあて、前脛骨筋と長拇指伸筋の2つの筋が互いに独立し分離して動けるようにしていきます。これにより、微妙な足首下のバランスを取ることができます。

自分自身のストレッチでは改善できない筋肉の奥まで働きかけ、すばやく筋肉疲労を取り除きます。


1、競技特性に応じた、きめ細かな施術

競技特性に応じた、きめ細かな施術を行います。

1、筋膜の奥の癒着をとり、可動域をすみやかに回復

各自の関節可動域を分析し、ストレッチでは取りきれない筋膜の奥の癒着をとり、可動域をすみやかに回復させます。

1、トップアスリートレベルのパーソナルケア

機能的足底板と併用し、世界で活躍するトップアスリートレベルのパーソナルケアを目指します。

1、万全な体調で試合に臨めるように調整

試合、大会前にパワーマグネットコンディショニングを受け、万全な体調で試合に臨めるように、試合会場、海外試合に帯同できるようスケジュールを調整していきます。(別途契約)

疲労が抜けない生理学的メカニズムの考察

スポーツ選手に共通する下肢の筋肉の特徴

スポーツ選手に共通する下肢の筋肉の特徴

ケガが多い、アスリートの下肢を長年見てきましたが、その多くは、過剰回内(※下図参照)による足元からの衝撃が原因のようです。

過回内足

ストレッチしても、なかなか柔らかくならないのは、このような足元からの継続した衝撃がかかり続けることが原因のことがあります。

膝の痛み、腰痛、下肢のケガの多くを観察すると、多くは筋膜のどこかにトリガーポイントと呼ばれる、豆粒程の大きさの凝り固まりが見つかります。

この小さな硬結は、痛みとは別の位置にできることが多くあります。

パワーマグネットで、この小さな凝り固まりを深部から解消し、筋肉の滑りを柔軟にしていきます。

過回内足

股関節周辺には、このように多くの筋膜が存在し、これらが柔軟に滑らず、痛みを引き起こすことがあります。

お客様から沢山のお喜びの声が届いています!

施術後、身体のバランスが良くなっているのを実感!!マラソンするのが楽しみです!

[お悩み]足底筋膜炎(足の裏の痛み)/K.S様より施術の感想

施術後、身体のバランスが良くなっているのを実感!!マラソンするのが楽しみです!

姉と叔母より話を聞き、お伺いしました。

マラソンで腰とヒザを痛めていたのですが、原因まで丁寧に教えて頂き、ランニング用の靴選びまでアドバイスして頂きました。

施術が終わった時には、身体のバランスがあきらかに良くなっているのを実感しました。

靴の中に敷く「スーパーフィート」というインソールも作って頂きました。

「すごく走るのが楽になって、走るのが楽しくなるよ」とのお言葉を頂き、これから走るのが楽しみです。

ありがとうございました。

K.S様

※施術効果には個人差があります。

部分的な施術ではなくて、全身の施術なのでみるみるうちに今まで悩んでいた痛みが取れていき、びっくりしています。

[お悩み]足底筋膜炎(足の裏の痛み)/K.S様より施術の感想

部分的な施術ではなくて、全身の施術なのでみるみるうちに今まで悩んでいた痛みが取れていき、びっくりしています。

以前は、足の裏の痛みで、今回は太ももの裏側の痛みで施術して頂きとてもラクに緊張が取れました。

助かりました。

K.S様

※施術効果には個人差があります。

足首剥離骨折後、引かなかった腫れが、施術後、マジックの様に軽くなりました!!

[お悩み]足首剥離骨折後のメンテナンス/Eda様(女性)より施術の感想

足首剥離骨折後、引かなかった腫れが、施術後、マジックの様に軽くなりました!!

足首剥離骨折から7週間目で施術して頂きました。

ギブス3週間、松葉杖5週間。

その後、平地は徐々に普通に歩けるようになりましたが、階段の特に下りが、脚が突っ張って辛く、腫れが引きませんでしたが、施術して頂いて(1時間ほど)マジックのように軽く感じました。

体中の関節のつながりとか、気のつながりのお話を聞くと納得しますが、やはりマジック!!のようでした。

ありがとうございます。

Eda様(女性)

※施術効果には個人差があります。

お問い合わせ

お問い合わせ

  

ページトップへ